記事一覧

修理準備を整えておこう

女性

ピアノ修理を依頼する時は始めに修理準備を整えておきましょう。準備する事では、調律師を探す事、費用を把握しておく事があります。調律師は大手楽器店や調律事務所から探す事が出来ます。故障状況をしっかり伝えて、事前に見積もりを取っておきましょう。

詳しく見る

修理業者を利用するには

ピアノ

ピアノ修理を頼む時は、修理の説明が丁寧で料金体系がはっきりしているところに頼むようにしましょう。他にも複数の業者にみせてみて、本当に修理が必要な状態かチェックしてもらうのも大切です。あとはなるべく出張で修理してくれる業者を探すように心がけましょう。

詳しく見る

大切な楽器を元気に

鍵盤

ピアノ修理を請け負う業者は、大手企業と個人経営の2種類に分かれます。大手企業は全国的に広く展開しており、依頼しやすいのが特徴です。個人経営の業者は出張費が比較的安く、日程の調整がしやすいという特徴があります。自分の都合により合った業者を選べると良いですね。

詳しく見る

早めの修理で費用を抑える

ピアノ

ピアノ修理を面倒だからと後回しにすると不調の具合が大きくなり、費用や時間の面での負担が増える可能性があります。ですから不調を感じたら早めの処置を行い、定期的な点検を心がけることがピアノの状態を維持して長持ちさせるコツになります。

詳しく見る

環境変化に弱い

演奏

ピアノを置いてあると、それだけで裕福な家庭であるというステイタスシンボルであった時代もありました。現代では音色を楽しみ、自分でピアノを弾くという人も大勢います。しかし年代を経ると、ピアノ修理をすることも重要なので頼りになる専門家を見つけておきましょう。

詳しく見る

ピアノを長く使うために

男性

ピアノの修理の相場は

子どもの習い事として多く選ばれているものの一つがピアノでしょう。音楽を習わせたいという親も多いですし、また小学校の入学祝いで祖父母からピアノをプレゼントするというケースも多いようです。そんなピアノですが、長年使用していくと、鍵盤がもとに戻らなくなる、一部の音が出ないといったトラブルが起こる場合があります。そんな時には、ピアノ修理が必要になるわけです。特に前者の場合は無理に元に戻すと状態がさらに悪化する恐れもありますので、専門家にピアノ修理を依頼する必要があります。鍵盤が戻らないという場合のピアノ修理は、一つの鍵盤につき2000円前後が相場のようです。一部の音が出ない場合も同様で、一つの音につき2000円前後が相場です。ただし、ピアノ内部の弦が切れていることが原因の場合は、費用は高くなります。高音弦・中音弦・低音弦で費用は変わってきますが、一本3000円〜1万円前後というのが相場になります。しばらくピアノを弾いていなかったなどで、全体的に音が悪くなってしまったという場合は、オーバーホールといってピアノの内部をすべて入れ替えるというピアノ修理の方法もあります。しかしこの場合は数十万円の費用がかかりますので、新しいピアノを購入することも検討してみるのも良いでしょう。さて、なるべくならピアノ修理しなくてよいようにしたいものです。そのためには定期的なメンテナンスが必要です。ピアノは1年に1回は調律師による調律(メンテナンス)が必要です。こうしたことを続けていくことで、数十年使用することができるのです。